エコな太陽光発電!使いやすい3つの活用法

エコな太陽光発電!使いやすい3つの活用法

電気代を節約しながらエコ

太陽光発電は自家発電できるので、外から買ってくる電気を減らすことにつながります。また、自宅で使う分の電力より多く生産した場合には買取の制度があるので、場合によってはプラスに転じることもあります。環境への配慮だけでなく、節約や投資ができるのも太陽光発電の大きな魅力です。特に大きな屋根面積のある平屋や、耐荷重設計のしっかりした屋根のある家ならば、設置場所も問題ないですし、生活にも影響を与えずに導入できます。

非常時に備えた蓄電を

電気は使ったり売ったりするだけではなく、貯めたりすることもできます。多くの災害がある中、特に問題になるのは長期間にわたる停電です。救助が来たり、復旧工事が素早く進んだりしたとしても、ある程度の時間はインフラが寸断されることが懸念されます。自宅で蓄電しておくことで、そうした非常時にも電気を使うことができますし、冷蔵庫も安全に維持できるので食糧についても安心です。パソコンも使うことができます。

電線がない場所でも使える

太陽光発電は日照時間が必要分確保できれば良いので、電線が行き届いていない地域に住む、あるいは別荘などを建てるといったときに電力として活用することもできます。人里から離れた場合には電気もすぐに配線できませんし、そうした手続きの手間は面倒という場合もあります。DIYで小屋を建てるといった際にも取り付けるだけで使える発電手段として便利です。常時住むのでなければ、電気代について維持費がかからないところも大きな魅力になります。

太陽光発電の価格は売電権利を取得している事業案件の場合は、売電権利廃止後も電力の買取は20年続きます。